中古マンションの購入や売却【マイホーム売買ハウスナビ】

白い家の模型

家や土地を売却する際に

住宅

用意すべき書類

中古マンションなど不動産を売るにあたっては、様々な書類を用意しておく必要があります。例えば、売主に関する書類です。これには売却主の身分証明書、印鑑証明書、住民票などが含まれます。売却物件が共同名義となっている場合には全員分の書類が必要です。そして、不動産の権利にかかわる書類も必要です。すなわち、登記済権利書または登記識別情報です。一般には「権利書」とも呼ばれる書類の事です。さらに、物件そのものにかかわる書類も用意します。固定資産税納税通知書や固定資産税評価証明書です。また、状況によってはこれ以外にも、土地測量図や境界確認書、建築確認済証、建築設計図書、工事記録書などが求められる場合もあります。また、中古マンションの場合には、その管理規約や使用細則や維持費等にかかわる書類なども必要とされるかもしれません。

売却のためにかかる費用

では次に、不動産を売る時にかかる費用についてです。物件や売主の状況に応じていくらかの違いはあるものの、おおむね次のような費用が必要です。まず、不動産業者に支払う仲介手数料です。売却する物件価格の3%に6万円を加えた額としている業者が多く、これに消費税が上乗せされます。さらに、売買契約書に貼付するための印紙代も必要です。これは売却金額により異なりますが、例えば、1,000万円〜5,000万円以下の場合は1万円、5,000万円〜1億円以下で3万円などとなっています。加えて、既存の住宅ローンがある場合には、抵当権等抹消登記料が必要です。借入先が複数あれば、それぞれ個別にこの費用がかかります。1件当たりおよそ2万円です。さらに、不動産を売ることで利益が発生する場合、不動産譲渡所得税がかかります。ただし、住居用物件を売る場合には3,000万円の控除額があるなど、状況によっては課税対象とならない場合もあります。他にも、土地の境界が確定されていない場合には、土地の測量にかかる費用などが必要になってきます。

生活を考える

女性

豊中市で居住用の不動産を見る時は、立地条件が有利かの判断も大切ですし、間取りが便利であるかの判断も大切になります。交通アクセスが自分の行動パターンと合っているとより有益ですし、収納が良い住宅は空間の有効活用ができて便利です。

View Detail

住まいの快適さ

家

寝屋川でも中古物件の人気は高くなっています。中古物件は壁紙やフローリングの張替えで雰囲気を変えることもできます。中古物件を見る時は、周囲の商業施設の確認なども必要になります。周囲の商業施設を確認することで、具体的な生活のイメージが可能となります。

View Detail

環境を楽しむ

集合住宅

伊豆での不動産はビジネスとして活用することもできますし、別荘として活用することもできます。快適に過ごすことができる伊豆の不動産の人気はとても高いものがあります。不動産の有効活用を考えることは、とても大切なこととなります。

View Detail